FC2ブログ

Entries

つばき

tubaki.jpeg

花の少ないこの季節に、
出会えた時の感激。
ここに華あり!

冬は椿しか…と思いきや、
その種類の多いこと。

とても覚えきれないので、
うちの挿し木の名は、

笑い上戸の友がくれたので『笑子さん』
立ち寄った高校の『一高』
集会後に放置の『居残り』

花には様々な思い出や想いもあるから、
なお愛おしい。

南天

南天


初詣の人混みから逃れ、
たわわに実を付け輝き放つ、
南天たち。
鳥にも食べられず、
正月飾りに切られもせず、
よくぞご無事で。
難を転じて福となす。
末吉おみくじは、
この枝に結べば良かったかなぁ。

半夏生

ハンゲ

別名(半化粧)


おしろいを叩き、
お迎えの準備万端の半化粧たち。
待つのは愛おしい人か、浮気虫?
目の覚めるような白に
つい引き寄せられます。

紫陽花

アジサイ
別名、オタクサ(シーボルトの妻お滝さんに由来)


しとしと雨の中、明るく満面に咲ける花。
シーボルトの愛を信じ、
強く生きるお滝さんのように。
虹の色は、長崎から遠い海を想う心。
この季節の雨は優しく、
はるか愛おしい人の囁きを運んでくれます。



蛍袋

ホタルブクロ

「ホーホー蛍こい・・・」
竹箒で追っかけた幼い日。
点滅する光は、蛍のモールス信号。
掌の中の光を、蚊帳の中でふっーと放し、
母のおとぎ話を聞くように、
ふわふわと、いつの間にか眠りにつきました。